みなとみらい夢クリニック 田園都市レディースクリニック 神奈川レディースクリニック
体外受精妊娠件数751名 体外受精妊娠件数828名 体外受精妊娠件数510名

公式HPへ

電話問合せ

公式HPへ

電話問合せ

公式HPへ

電話問合せ

横浜市内の体外受精が受けられるクリニックを紹介しています

体外受精を受けるなら…実績数でみる横浜の病院・クリニックの実力 » 横浜市内で生殖医療専門医が複数在籍するクリニック

横浜市内で生殖医療専門医が複数在籍するクリニック

ここでは、生殖医療専門医や、横浜市内で生殖医療専門医の所属するクリニックについて解説しています。

生殖医療専門医とは?

生殖医療専門医とは、一般社団法人日本生殖医学会が設けている生殖医療専門医制度によって認定された、生殖医療に関するエキスパートの医師です。

生殖医療専門医の資格取得には、一般不妊治療や生殖補助医療に関する充分な専門知識を持つことに加え、所定の研修施設で実習を重ねた上で、一般不妊症例を5例以上、体外受精(胚移植)・顕微授精を5例以上、合計10例以上の実績を積み、症例レポートを作成するなど、臨床医としても研究医としても幅広い経験を積んでいることが必要となります。

2018年4月1日時点で、生殖医療専門医は日本全国に725名、神奈川県内では55名が複数の医療機関に所属しながら、多くの人の不妊治療に当たりつつ、後進の育成にも努めています。 確かな不妊治療によって妊娠の成功率を高めるには、優れた生殖医療専門医を探すことが秘訣の1つといえるでしょう。

【参考資料】
一般社団法人日本生殖医学会,「生殖医療専門医制度細則」[pdf]http://www.jsrm.or.jp/document/seishoku_new-saisoku.pdf(2018年12月13日参照)

産婦人科の生殖医療専門医が複数在籍しているクリニック紹介

田園都市レディースクリニック

クリニックの特徴

田園都市レディースクリニックは、2000年に青葉台で開院して以来、2018年までに2万5千人以上の妊娠成功実績を持つ、横浜市内でも有数の不妊症専門医療機関です。

また、体外受精を実施する場合は、母胎への副作用を最小限に抑えられるよう、排卵誘発剤を多用せず、1回の採卵によって妊娠率を高められる卵巣刺激法が実践されている点も特徴です。

その他、日曜祝日も体外受精に関連する治療を行っていたり、男性不妊専門外来が設置されていたりと、妊娠の成功率を高めるために最大限の環境が提供されています。

在籍医師の特徴

田園都市レディースクリニックには、連携して不妊治療を行っている二子玉川分院を合わせて、生殖医療専門医が常勤6名・非常勤5名の計11名も在籍しています。

病院の基本情報

  • 所在地:神奈川県横浜市青葉区青葉台2-3-10 ラルク青葉台5F
  • 電話番号:045-988-1124
  • 診療科目:不妊治療・男性不妊・婦人科一般
  • 診療時間:9:00~12:30、14:30~18:00(土のみ17:00)
  • 休診日:日曜・祝日(採卵、胚移植、体外受精関連治療は実施)

田園都市レディースクリニックの体外受精の口コミを見る

横浜市立大学附属市民総合医療センター

クリニックの特徴

横浜市立大学附属市民総合医療センターの歴史は、明治4年に日本で2つめの洋式病院として誕生した、仮設市民病院から始まっており、2021年には創立150周年を迎える、国内有数の老舗病院です。また、大学病院としても最先端医療技術の研究・開発に努めながら、地域医療に貢献しています。

生殖医療センターは、不妊治療の専門科として2012年に新設され、高度医療を受けられるだけでなく、男性と女性が同じ病院施設で生殖医療を受診できる医療機関としても、数多くの夫婦から重宝されています。

その他、将来に出産を望む女性が、がんなどの治療を受ける際に、妊娠の可能性を残す為の妊孕性温存外来が設けられていることも特徴です。

在籍医師の特徴

横浜市立大学附属市民総合医療センターでは、不妊治療の担当医として7名の医師が在籍しており、その内、生殖医療専門医は3名(女性医師1名・男性医師2名)となっています。

病院の基本情報

  • 所在地:神奈川県横浜市南区浦舟町4-57
  • 電話番号:045-261-5656
  • 診療科目:総合病院
  • 診療時間:9:00~16:00
  • 休診日:土・日・祝日・年末年始

横浜市立大学附属市民総合医療センターの体外受精の口コミを見る

体外受精の実績で選ぶ!横浜のおすすめクリニック3選はこちら