みなとみらい夢クリニック 田園都市レディースクリニック 神奈川レディースクリニック
体外受精妊娠件数751名 体外受精妊娠件数828名 体外受精妊娠件数510名

公式HPへ

電話問合せ

公式HPへ

電話問合せ

公式HPへ

電話問合せ

横浜市内の体外受精が受けられるクリニックを紹介しています

体外受精を受けるなら…実績数でみる横浜の病院・クリニックの実力 » 横浜市内で生殖医療専門医が複数在籍するクリニック

公開日:|最終更新日時:

横浜市内で生殖医療専門医が複数在籍するクリニック

ここでは、生殖医療専門医や、横浜市内で生殖医療専門医の所属するクリニックについて解説しています。

生殖医療専門医とは?

生殖医療専門医とは、一般社団法人日本生殖医学会が設けている生殖医療専門医制度によって認定された、生殖医療に関するエキスパートの医師です。

生殖医療専門医の資格取得には、一般不妊治療や生殖補助医療に関する充分な専門知識を持つことに加え、所定の研修施設で実習を重ねた上で、一般不妊症例を5例以上、体外受精(胚移植)・顕微授精を5例以上、合計10例以上の実績を積み、症例レポートを作成するなど、臨床医としても研究医としても幅広い経験を積んでいることが必要となります。

2018年4月1日時点で、生殖医療専門医は日本全国に725名、神奈川県内では55名が複数の医療機関に所属しながら、多くの人の不妊治療に当たりつつ、後進の育成にも努めています。 確かな不妊治療によって妊娠の成功率を高めるには、優れた生殖医療専門医を探すことが秘訣の1つといえるでしょう。

【参考資料】
一般社団法人日本生殖医学会,「生殖医療専門医制度細則」[pdf]http://www.jsrm.or.jp/document/seishoku_new-saisoku.pdf(2018年12月13日参照)

産婦人科の生殖医療専門医が複数在籍しているクリニック紹介

田園都市レディースクリニック

クリニックの特徴

田園都市レディースクリニックは、2000年に青葉台で開院して以来、2018年までに2万5千人以上の妊娠成功実績を持つ、横浜市内でも有数の不妊症専門医療機関です。

また、体外受精を実施する場合は、母胎への副作用を最小限に抑えられるよう、排卵誘発剤を多用せず、1回の採卵によって妊娠率を高められる卵巣刺激法が実践されている点も特徴です。

その他、日曜祝日も体外受精に関連する治療を行っていたり、男性不妊専門外来が設置されていたりと、妊娠の成功率を高めるために最大限の環境が提供されています。

在籍医師の特徴

田園都市レディースクリニックには、連携して不妊治療を行っている二子玉川分院を合わせて、生殖医療専門医が常勤6名・非常勤5名の計11名も在籍しています。

病院の基本情報

  • 所在地:神奈川県横浜市青葉区あざみ野1-5-1
  • 電話番号:045-905-5524
  • 診療科目:不妊治療・男性不妊
  • 診療時間:9:00~12:30、14:30~18:00(土のみ17:00)
  • 休診日:日曜・祝日(採卵、胚移植、体外受精関連治療は実施)

田園都市レディースクリニックの体外受精の口コミを見る

横浜市立大学附属市民総合医療センター

クリニックの特徴

横浜市立大学附属市民総合医療センターの歴史は、明治4年に日本で2つめの洋式病院として誕生した、仮設市民病院から始まっており、2021年には創立150周年を迎える、国内有数の老舗病院です。また、大学病院としても最先端医療技術の研究・開発に努めながら、地域医療に貢献しています。

生殖医療センターは、不妊治療の専門科として2012年に新設され、高度医療を受けられるだけでなく、男性と女性が同じ病院施設で生殖医療を受診できる医療機関としても、数多くの夫婦から重宝されています。

その他、将来に出産を望む女性が、がんなどの治療を受ける際に、妊娠の可能性を残す為の妊孕性温存外来が設けられていることも特徴です。

在籍医師の特徴

横浜市立大学附属市民総合医療センターでは、不妊治療の担当医として7名の医師が在籍しており、その内、生殖医療専門医は3名(女性医師1名・男性医師2名)となっています。

病院の基本情報

  • 所在地:神奈川県横浜市南区浦舟町4-57
  • 電話番号:045-261-5656
  • 診療科目:総合病院
  • 診療時間:9:00~16:00
  • 休診日:土・日・祝日・年末年始

横浜市立大学附属市民総合医療センターの体外受精の口コミを見る

みなとみらい夢クリニック

クリニックの特徴

みなとみらい夢クリニックでは「できるだけ自然に命を授かりたい」という「夢」を叶えるためなるべく薬や注射を使用しない治療方針を掲げているクリニック。年中無休で子どもを授かりたい夫婦に寄り添います。

もちろん、状況に応じて「体外受精」や「採卵・採精」「胚移植」なども治療の選択肢として選ぶことも可能です。

長期不妊治療をされている方の心と体をほぐし妊娠しやすい身体を作るために植物エッセンスオイルを使用したアインライブングを取り入れ自然治癒力を高める施術も行っています。

在籍医師の特徴

みなとみらい夢クリニックでは不妊治療の担当医として7名の医師が在籍しており、その内、生殖医療専門医は3名(女性医師2名・男性医師1名)となっています。

平成20年より不妊治療専門施設を行っており、生殖医療専門医以外の医師も日本生殖医学会に所属するなど専門性の高い医療を目指しています。

体外受精や顕微授精を行う登録施設として不妊治療を行う医療機関ではありますが、不妊治療で使われる注射や薬はできる限り使用しない診療方針で肉体的・精神的負担を軽減する治療の提供を心がけているのだそうです。

また、治療結果を分析し学会発表、HPに記載するなど研究にも熱心な医師が所属しています。

病院の基本情報

  • 所在地:神奈川県横浜市西区みなとみらい3-6-3 MMパークビル2F・3F(受付)
  • 電話番号:045-228-3131
  • 診療科目:特定不妊治療費助成事業の指定医療機関・漢方内科
  • 診療時間:月・水・金:8:30~11:30(11:00)・14:30~18:00
    火・土:8:30~11:30(11:00)・午後14:00~16:30
    木・祝:8:30~13:00
    日:8:30~13:00
    ※日曜日は、みなとみらい夢クリニックのスタッフによる予約登録です。
    ※予約のない場合には、午前の診察は11:00までになります。
  • 休診日:年中無休

みなとみらい夢クリニックの体外受精の口コミを見る

CMポートクリニック

クリニックの特徴

その人自身の精神的・経済的負担を極力少なくした診療をオーダーメイドで行っています。タイミング法や人工授精から高度生殖補助医療である体外受精や顕微授精を実施。治療の選択は検査結果や年齢を踏まえて決定し、妊娠に至らない場合は治療をステップアップする治療方針を取り入れています。

検査の一部は専門性の高いクリニックで行うため、今の自分の身体の状態を見つめなおし、より精度の高い治療が受けられるようになります。不妊治療は、自費診療の部分が多くなるため、経済面への負担が大きくなりやすいのが現実。CMポートクリニックでは、自費診療の費用を詳しく記載することで、「費用が分からない」という精神的負担を軽減しています。

特殊外来も行っており、不妊カウンセラーである看護師さんが不妊治療への悩みや疑問の相談を行っています。

在籍医師の特徴

CMポートクリニックでは不妊治療を担当している医師は1名。生殖医療専門指導医の資格を持っています。

「出会った人としっかりと信頼関係を築き上げ、個々の体の変化に目が行き届く診療がしたい」と初診から妊娠まですべてを院長が一人で担当しています。

院長は出産までずっと寄り添いたい思いがありますが、不妊治療をしている夫婦にとって妊婦さんを見ることは辛いこと。そういった精神的負担を配慮し、不妊治療を専門にしたクリニックを運営されています。

不妊治療と一言で言っても治療内容や検査は色々な種類があります。できる限り無駄な治療や検査は行わず、同じ検査を2回も受けることが無いように治療を進めていくことを大切にしています。

病院の基本情報

  • 所在地:神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17 CM-PORTビル B1F
  • 初診専用電話番号:045-948-3738
  • 電話番号:045-948-3761
  • 診療科目:不妊治療
  • 診療時間:月・水・土:10:00~12:00/15:00~18:00/18:00~19:30
    木・金:10:00~12:00/15:00~18:00
    火・日・祝:特殊不妊外来10:00~13:00
  • 休診日:記載なし

CMポートクリニックの体外受精の口コミを見る

神奈川レディースクリニック

クリニックの特徴

大変な不妊治療だから目指した「気軽さ・便利さ」。不安の多い治療だから寄り添って共に歩む治療の提案。ずっと頑張って待ち望んでいた大事な卵子は絶対に無駄にしたくないという夫婦の気持ちを一番に考え、大事な種に優しく水をあげるような対応を心がけています。

「痛い」「辛い」「やめたい」そんな時にはいつでもお休みしてもらって「またいつでも来てください」と何度でも送り出し、何度でもお迎えするというスタンスでその人自身に向き合っているのだそう。セカンドオピニオンも転院も希望される方にも丁寧に対応しているクリニックです。

もっと肩の力を抜いて不安なことを吐き出すだけでも大丈夫、相談だけでも大丈夫。「不妊」だけではなく「不育」のすべてを治療。体だけでなく、心までおひとりおひとりに寄り添うことを大切にしているクリニックです。

在籍医師の特徴

神奈川レディースクリニックでは不妊治療の担当医として5名の医師が在籍しており、その内、生殖医療専門医は3名(女性医師0名・男性医師3名)となっています。

院長の小林医師は医学部卒業後から長年不妊症や不育症(習慣流産)について学び続け同時に診療もされてきました。30年ほど前から診療にIVFを取り入れ多くの女性たちを出産へと導いています。大きな病院より、もっと身近に診察ができるようにとクリニックを開設されました。

副院長の齋藤医師も長年不妊症・不育症の研究を行っており、早い段階で凍結受精卵による妊娠を取り入れた実施施設で経験を積んでいます。その人自身のペースで、ゆったりと相談にのれる医療を目指しています。

病院の基本情報

  • 所在地:神奈川県横浜市神奈川区西神奈川1-11-5 ARTVISTA横浜ビル
  • 電話番号:045-290-8666(診療時間内受付)・045-290-4893(初診予約専用ダイヤル)
  • 診療科目:不妊症治療、不育症治療、体外受精・胚移植(IVF)、一般産婦人科・男性不妊治療、各種産婦人科日帰り手術・セカンドオピニオン、ママ相談室(助産師外来)
  • 診療時間:月・火・金:8:30~12:30/14:00~19:00
    水:8:30~12:30/14:00~19:30
    土・日(第2.4)・祝日:8:30~12:00
  • 休診日:木・日(第1.3.5全日)・日(第2.4午後)・祝午後

神奈川レディースクリニックの体外受精の口コミを見る

横浜HARTクリニック

クリニックの特徴

人工授精や体外受精(顕微授精含む)を行う不妊治療専門施設です。そのため、検査のみを希望される人の受付は行っていません。初診は完全予約制・すべて自費負担。自費の詳細はHPに詳しく記載されており、金銭面での不安が少なくなるように配慮されています。

タイミング法や人工授精、体外受精、卵巣刺激、顕微授精、受精卵凍結保存、精子凍結保存など年齢や希望に合わせてステップアップの提案を積極的に行っているのが特徴。専門的な知識を持った医師が、その人自身にあったアドバイスと診療を心がけています。

在籍医師の特徴

横浜HARTクリニックでは不妊治療の担当医として1名の男性医師が在籍しており、生殖医療専門医です。常に「身内」のように思い、そのために必要な診療を行っています。

精神面・体への負担はもちろんですが、産まれてくる子供に対しても配慮が必要だと考えて、受精卵の培養や凍結の際も可能な限り負担がかからないように対応を心がけています。

多すぎる情報から混乱してしまう気持ちを考え、その時に最善の方法が選択できるよう丁寧で確実な治療を提案しているのです。長くて辛い道のりになるかもしれない不妊治療にストレスを感じずに継続して通院できる作りにも取り組んでいます。見えない部分を一番大切にしているクリニックです。

病院の基本情報

  • 所在地:神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-32-13 第2安田ビル7階
  • 電話番号:045-620-5731
  • 診療科目:不妊治療専門
  • 診療時間:月・木:9:00~12:00/15:00~17:30
    火・木:9:00~12:00/15:00~18:30
    土:9:00~12:00
  • 休診日:日・祝日

横浜HARTクリニックの体外受精の口コミを見る

コシ産婦人科

クリニックの特徴

産科・婦人科に合わせて2018年より妊活部門を開設。一般不妊治療や人工授精、体外受精(顕微授精・胚凍結保存・凍結融解胚移植)、アシステッドハッチング、漢方療法など様々な不妊治療を行っています。治療にかかる費用もHPに詳細が記載してあり、5,000円以上はクレジットカード使用可能です。

「優しく・親切・丁寧・迅速に」初代院長の言葉通り、子どもを授かりたいという夫婦の気持ちに寄り添いながらも、明るく笑顔でお迎えすることを大切にしています。

在籍医師の特徴

コシ産婦人科では不妊治療の担当医として4名の医師が在籍しており、その内、生殖医療専門医は2名(女性医師1名・男性医師1名)となっています。

生殖医療専門医である副院長・リプロダクション部門部長の鈴木医師は東海大学医学部産婦人科の准教授です。日本産婦人科学会専門医・指導医でもある鈴木医師は女性のヘルスケア専門医・女性のヘルスアドバイザー。不妊治療だけでなく妊娠準備期を含め女性としての健康をトータル的に診療することができます。

生殖医療専門医の女性医師、和泉先生も日本産婦人科学会専門医・指導医としてコシ産婦人科の常勤医師、横浜市大学市民総合医療センターの生殖医療センターの非常勤として勤務されるなど活躍されています。

病院の基本情報

  • 所在地:神奈川県横浜市神奈川区白楽71-8
  • 電話番号:045-432-2525
  • 診療科目:産科・婦人科・リプロダクション部門
  • 診療時間:8:30~12:30/15:00~18:30
  • 休診日:木・日・祝

コシ産婦人科の体外受精の口コミを見る

体外受精の実績が評判!横浜市のおすすめクリニック3選はこちら