みなとみらい夢クリニック 田園都市レディースクリニック 神奈川レディースクリニック
体外受精妊娠件数751名 体外受精妊娠件数828名 体外受精妊娠件数510名

公式HPへ

電話問合せ

公式HPへ

電話問合せ

公式HPへ

電話問合せ

横浜市内の体外受精が受けられるクリニックを紹介しています

体外受精と流産の関係について

自然妊娠よりも体外受精の方が、流産率が高いという話しを耳にしたことがありますよね。実際は、体外受精と流産率に明確な因果関係はなく、医学的根拠や報告もありません。そもそも体外受精の不妊治療を行う方は、母体や卵子・精子の状態、子宮の環境などに問題がある場合がほとんど。そのため、流産になる可能性が高くなるのです。

ただ、体外受精を行っている方で流産したからといって、落ち込むことはありません。妊娠に近づくための一歩と視線を変えてみることが大切。
ここでは、流産の原因や今後の考え方について記載していますのでご一読ください。

体外受精の流産について

流産といっても、子宮や胎児側の問題とさまざまな原因が考えられます。流産の原因は、胎児が育たなくなることによるもの。一般的に化学流産といわれている妊娠初期の卵巣に着床したあとに起こる流産が多くの割合を占めています。化学流産は全妊娠の45%程度あるとされており、非常に多いのが特徴。
発症率は自然妊娠、体外受精の場合でも特に差はありません。発症原因は、胎児の染色体の異常が考えられています。

胎児が育つ受精卵の染色体に何らかの異常があると、着床しても胎児が育たなくなる可能性があるのです。自然妊娠や体外受精問わず、受精卵の染色体異常によって化学流産は起こりえるということを認識しておくことが大切。体外受精の際、胚移植前に受精卵の状態を入念にチェックするのは、染色体異常の有無を確認するためなのです。

流産は薬で止めることはできません

受精卵の染色体異常で起こる流産を止めることは難しいといわれています。安静を続けたり、薬も投与したりしても防ぐことはできません。
受精卵の成長が見込めないために流産してしまうのです。

流産をしたから妊娠できないことはない

自然妊娠や体外受精において、胚が子宮に着床しても成長しきらずに流産してしまうことは非常に残念に感じます。ただ、「流産をしたから妊娠できない」というわけではありません。妊娠できる子宮を整えているとプラスに考えてみることが大切。流産は妊娠への1歩でもあります。ストレスを抱え込んでしまっては、その後の不妊治療にも影響を及ぼす可能性があります。

体外受精流産には妊娠しやすい可能性がある

体外受精施術によって流産率が高くなった・染色体異常が起きやすくなったという報告やデータはありません。流産したとしても、一度妊娠したということは、妊娠する力がある子宮といえます。ちゃんと受精して子宮までたどり着いたという事実をプラスに捉えて新しい一歩を踏み出すようにしてください。
全く妊娠の兆候がないケースと比較すると大きな一歩といえるでしょう。根気よく妊活や治療を行うことで、良い受精卵が着床。良い受精卵が着色し順調に育つと妊娠、出産が近くなります。

体外受精で流産した場合、出産率が上がる!?

体外受精は、卵管の閉鎖や子宮内膜症、男性側の精子の問題など色々なことが原因で妊娠までたどり着かなかった方が行う治療法。つまり、流産してしまった場合でも、当初の目的である「妊娠する」という第一条件をクリアしているのです。子宮が順調に妊娠しやすくなるための環境を整えつつあるといえます。

何度も流産してしまう場合

1~2度の流産であれば、妊娠しやすいといわれていますが、それ以上に流産を繰り返している場合は不育症が考えられるでしょう。女性の2~5%の方に起こるといわれており、以下のあらゆる原因が複合して不育症を引き起こす可能性があります。

  • 染色体異常
  • 子宮形態異常
  • 内分泌異常
  • 凝固因子異常
  • 抗リン脂質抗体異常
  • 拒絶免疫異常
  • ストレス

これらの原因が考えれています。ただ、同じ原因だけで流産を繰り返すとも言いきれません。医師と相談したうえで治療を続けながら行うことも可能。
なるべくストレスを抱え込みすぎないように過ごすことも大切なのです。

流産率が上がる根本的な原因とは

加齢にともなう卵子の老化が考えられています。卵子は生まれた時から持っている卵胞を成熟させてつくるため、髪や爪のように新しくつくられる細胞ではありません。加齢とともに老化した分、染色体異常が起こりやすくなるのです。また、年齢に加えて生活習慣も大きく関係しています。若い卵子でも、生活習慣の乱れから卵子が老化しているケースも多くなっています。

年齢と生活習慣を考えたうえで、妊娠しやすくて流産しにくい体づくりを意識するようにしましょう。健康な体になることで、卵子の質が高まり、良い受精卵ができる可能性があがります。以下に、卵子の質を高めるための生活習慣を記載していますので参考にしてくださいね。

体を冷やさないようにする

体が冷えると血行が悪くなり、栄養や酵素が全身に行き届きにくくなります。結果、老廃物の排出も滞ってしまいがちに。ホルモンバランスの乱れを引き起こしやすくなるため、体を冷やすのは卵子の質にも影響がでてしまいます。冷えないような服装をするのはもちろん、体を温める作用のあるお茶を飲んで、芯から温めるようにしましょう。

軽く体を動かしてストレス解消

現代人にはストレスはつきもの。特に不妊治療の女性はちょっとした刺激でストレスを抱えやすくなります。ただ、ストレスを抱えたままだと体の不調を招き、卵子の質も低下させてしまう可能性も。そんなときに試してほしいのが「歩く」こと。運動をすると心拍数が上がり、血流がスムーズになり、体の機能が安定。体を内から温めるという効果も期待できるため、ストレスを少し感じたら好きな音楽を聴きながら軽く歩いてみてはいかがでしょうか。

体外受精の実績で選ぶ!横浜のおすすめクリニック3選はこちら