みなとみらい夢クリニック 田園都市レディースクリニック 神奈川レディースクリニック
体外受精妊娠件数751名 体外受精妊娠件数828名 体外受精妊娠件数510名

公式HPへ

電話問合せ

公式HPへ

電話問合せ

公式HPへ

電話問合せ

横浜市内の体外受精が受けられるクリニックを紹介しています

みなとみらい夢クリニック

みなとみらい夢クリニックについて、詳細を紹介しています。

みなとみらい夢クリニック口コミ

  • 「なかなか予約がとれません。最初は8か月待ちでした。先生は忙しそうなのであまり余計な話はしにくい雰囲気ですが、質問するとわかりやすく説明してくれました。クリニックはとても綺麗ですし、スタッフの皆さんもとても感じが良かったです。」
  • 「先生は笑顔ではきはきしていて、優しい雰囲気でわかりやすく説明してくれます。話の区切りには、わからないことがあるか、聞きたいことはないか、と聞いてくれます。スタッフの方も皆さん笑顔で優しい雰囲気で安心できます。」
  • 「体外受精を行いました。体外受精の技術力が高い、と人に勧められて通うことにしました。確かにそのとおりだと思います。むやみに採卵するのではなく、その間にピルを処方されて、より成功率の高い質の良い卵子を作れる準備をしてから採卵。そして適切な時期で移植、という形で進めたところ、一度の採卵、二度目の移植で妊娠、出産に至りました。」
  • 5年ほど前に、みなとみらい夢クリニックに通院していましたが、その当時から非常に人気のあるクリニックで、待ち時間がとても長かった印象があります。院長先生は歯に衣着せないタイプで信頼できる人ですが、待ち時間の問題もあり、時間に余裕のある人でないと厳しいかもしれません。
  • まず、とても人気のクリニックなので、待ち時間もかなり長くなることを覚悟しておかなければなりません。場合によっては4時間くらい待つこともあるかも。それだけ実力のある病院という証拠ですが、そのためか全体的に合理化されている印象があるので、人によっては向き不向きを感じるかも知れません。
  • みなとみらい夢クリニックが3つめの不妊専門クリニックでした。体質的にかなり過敏な私でも、安心して行える治療を考えて下さり、本当に信頼して身を任せることができました。人が多いですが、待ち時間の間は近くにお店も沢山ありますし、外を散歩しているのが良いと思います。

※上記の口コミはあくまでも個人の見解であり、体外受精による妊娠の成功を示すものではありません

※また体外受精には使用する薬による副作用や、出血などのリスクを伴うこともあります

みなとみらい夢クリニックの特徴

妊娠に辿り着くための治療を目指す

みなとみらい夢クリニックでは、不妊の原因のほとんどを「卵と精子が体内で出会えていない」ことと定義。治療に時間をかけたのに妊娠できない、というのはなるべく避け、妊娠という結果を最大の目的としています。そのため、体外受精を中心とした治療がメイン。患者の体調に合わせながら、タイミング療法から高度生殖医療までを幅広く用意しています。

患者に無理強いはしない

肉体的にも精神的にも辛い不妊治療。クリニックでは、最大目標である「妊娠」を目指すため、体外受精が有効だと考えています。採卵のタイミングを逃さず、個々の患者に合わせた体外受精をいつでも行えるよう、365日体制をとっているため、休診日を設けず、土日祝日も診療しています。
また、不妊は病気ではありません。だからこそ、できるだけ薬や注射を使わず、心身の負担が少ない方法で、患者をサポートしていきます。
そして、そもそも体外受精が不安、何をするのかわからない、という人向けに、説明会が定期的に開催されています。治療方法やクリニックの方針について理解を深めることができます。

みなとみらい夢クリニックの治療法・費用について

  • 新鮮胚移植プラン・・・約453,600円
  • 凍結胚移植プラン・・・約507,600円

みなとみらい夢クリニックでは2つのプランがありますが、基本的な流れは一緒です。

  • 排卵サポート
    排卵のサポートは「生理3日目から排卵前まで服薬や注射を行なわない自然周期」「クロミフェンを使用して排卵をコントロールするクロミフェン周期」「血中の卵胞ホルモンを下げる薬を使ったフェマーラ周期」が。できるだけ使用する薬を抑えて、自然に近い状態で排卵を促す独自の取り組みが特徴です。
  • 採卵
    卵子と精子の準備ができたらクリニック独自の採卵針を使い、採卵と採精を行なっていきます。この採卵針での採取は一般的に必要な全身麻酔が不要で、数分間で採卵が完了するのが嬉しい点です。体に大きな負担をかけないので、当日帰宅できます。
  • 体外受精
    卵子と精子が無事に採取できたら、体外受精の始まりです。通常は、多数の精子が泳いでいる中に卵子を入れて受精させますが、精子や卵子の状態を考慮して「顕微授精法(IMSI)」「胚盤胞培養(Blastocyst Culture)」「卵子孵化補助(Assisted Hatching)」など着床率を向上させる方法が取られます。
  • 培養
    受精した受精卵(胚)は、温度を一定に保つインキュベーターの中で培養され、5~7日後ほどで子宮に移植される流れです。
  • 胚移植
    胚移植は細い管のカテーテルや針で行ないます。子宮の準備が整っていない場合は「ガラス化保存法」という手法で胚を凍結保存し、準備が整ったら移植を行なう「凍結胚移植」という方法がとられるので安心です。

みなとみらい夢クリニックの医師について

院長 貝嶋弘恒医師

みなとみらい夢クリニックの院長を務めているのは、貝嶋 弘恒(かいじま ひろつね)医師。

島根医科大学医学部業後、日本赤十字社医療センター勤務後、不妊治療を専門に行う加藤レディスクリニックに在籍。10年以上に渡り多くの経験を積んできました。クリニックでは医長、副院長も務めた経歴も。日本産婦人科学会専門医であり、不妊治療や妊娠・出産についての知識が豊富な医師と言えるでしょう。また、日本生殖学会、日本受精着床学会にも所属しており、常に新しい知識を取り入れようとしている姿勢がうかがえます。

貝嶋弘恒医師情報

  • 日本産科婦人科学会専門医

女性スタッフが多く在籍している

みなとみらい夢クリニックには、医師や看護師、そして培養士と、多くの女性スタッフが在籍しています。女性医師は妊娠・出産に関わる産婦人科で経験を積んだベテランが多く、実力は折り紙付き。多くのスタッフがみなとみらい夢クリニックに勤務するきっかけになったのが、お産に関わるうちに、不妊に悩む女性を助けたいという思いから。10年以上に渡り、顕微授精にたずさわってきた女性のベテラン培養士も活躍しています。同じ女性として、妊娠したいという気持ちに寄り添って治療をすすめてくれるクリニックだといえるでしょう。

施設の紹介

待合室

広々とした待合室が2つ用意されています。

診察室

完全個室の診察室では、他の人を気にせず、治療方針や治療経過に関する説明を受けることが可能です。

メンズルーム

男性用の採精専用室として、プライバシーに配慮されたメンズルームが備えられています。

手術室

大型モニターが完備されており、採卵・胚移植などの処置を全て、患者が自分の目でモニター画面を確認しながら受けることができます。

リカバリールーム

採卵や胚移植後、体調を整えられるまで休憩できるリカバリールームが備えられており、落ち着くまでゆっくり休むことが可能です。

キッズスペース

子連れの人でも気軽に来院できるよう、保育士常駐のキッズルームが用意されています。

みなとみらい夢クリニックについて

  • 診療科目:不妊外来、男性不妊
  • キッズルーム:あり
  • 子どもの同伴:可
  • 診療時間:月・水・金 8:30~11:00、15:00~18:00 火・土 8:30~11:00、14:30~16:30 木・祝 8:30~13:00 日 指定患者のみ
    ※対象:予約票をお持ちの患者
  • 休診日:なし
  • 提携病院:記載なし
  • カード払い:可※クレジットカード(JCB, VISA, Master Card, American Express)およびJCB・VISAデビットでの支払い可能。ただし、Jデビットを除く。
  • 所在地:神奈川県横浜市西区みなとみらい3-6-3 MMパークビル2F
  • アクセス:JR桜木町駅、市営地下鉄桜木町駅から徒歩12分

みなとみらい夢クリニックのアクセス情報

みなとみらい夢クリニックの詳細なアクセス情報は下の地図をチェックしてください。

  • 首都高速神奈川1号横羽線「みなとみらいIC」出口より約3分
  • 高速ICの出口から、「けやき通り西交差点」をそのまま直進。交差点「みなとみらいホール」を左折し、100m先の左側。※駐車場は近隣の有料駐車場を利用。

電車

  • みなとみらい線「みなとみらい駅」よりすぐ
  • 「みなとみらい駅」4番出口を出て目の前にある、MMパークビル2階。
  • JR「桜木町駅」より徒歩12分
  • 桜木町駅北1口を出て、そのまま桜木町駅前広場を北へ進む。その後、動く歩道に進み、終点の「日本丸メモリアルパーク」まで進む。そのまま水辺を右手に見ながら道なりに進み、みなとみらい東急スクエアから、みなとみらい駅へ進む。駅4番出口よりすぐ。

バス

  • 横浜市営バス「みなとみらい駅前」停留所よりすぐ。

体外受精の実績で選ぶ!横浜のおすすめクリニック3選はこちら