みなとみらい夢クリニック 田園都市レディースクリニック 神奈川レディースクリニック
体外受精妊娠件数751名 体外受精妊娠件数828名 体外受精妊娠件数510名

公式HPへ

電話問合せ

公式HPへ

電話問合せ

公式HPへ

電話問合せ

横浜市内の体外受精が受けられるクリニックを紹介しています

横浜市立大学附属市民総合医療センター

横浜市立大学附属市民総合医療センターについて、詳細を紹介しています。

横浜市立大学附属市民総合医療センター口コミ

「もともとは子宮筋腫の手術で訪れましたが、不妊治療をしたいと希望を伝えたところ、生殖センターに案内されました。大学病院なので複数の先生に診てもらっていますが、ほとんどの先生が注射や投薬の説明をしてくれません。人工授精の手際も悪かったです。ただ、超高齢の自分を受け入れてくれていることはありがたいです。」

「他の科を受診している関係で馴染みがあり、こちらを選びました。入院設備や出産のための入院、看護体制は私立の大病院ということでしっかりしています。私の場合は、検査や治療も特に問題ないまま、不妊治療を経て、出産しました。」

「ある程度は、質問に答えてくれますが、医師によりけりです。同じ医師でも、日によってきちんと回答してくれたりしなかったり。もやもやが残ることは多かったですね。予約システムは導入されていますが、ある程度の待ち時間はやっぱりあります。」

※上記の口コミはあくまでも個人の見解であり、体外受精による妊娠の成功を示すものではありません

※また体外受精には使用する薬による副作用や、出血などのリスクを伴うこともあります

横浜市立大学附属市民総合医療センターの特徴

日本で二番目の洋式病院

横浜市立大学附属市民総合医療センターの歴史は古く、長崎養生所に次いでの日本西洋式病院として、1871年に設立されました。横浜の近代医学の基礎を築き、発展してきた地域密着型の病院です。その一方で、大学病院として、先進的医療や、他の病院では困難な高度な医療を提供。病院は、地域住民が遠い場所まで足を延ばさなくとも、日本最高の医療を受けてもらいたいと考えています。

不妊治療が行われるのは生殖医療センター

2012年から新設された生殖医療センターで不妊治療を行っています。これまでの不妊治療は、女性は婦人科、男性は泌尿器・腎移植科と、別々に分かれていました。しかし、不妊治療は夫婦で行うものであり、両方の科の連携が不可欠です。そこで、連携強化と治療の効率化をはかって、男女の不妊部門を統合し、設立されたという経緯があります。
夫婦が同じ施設内で治療ができるというのは、神奈川県でここだけ。また、男性も積極的に治療に取り組めるような環境を整えているようです。

横浜市立大学附属市民総合医療センターの治療法・費用について

  • 一般不妊治療・・・記載なし
    基礎体温や血液検査などの不妊スクリーニング検査を行なったあとに、治療可能な問題を改善させます。並行して、タイミング法や人工授精など段階的に治療を進めていく方針です。
  • 体外受精/顕微授精・・・350,000円~
    一般不妊治療では妊娠が難しい場合、体外受精が行われます。予定した日程で、卵子の採取(採卵)や受精卵の移植(胚移植)ができるように排卵誘発(調節卵巣刺激)を行なう流れです。症例によっては、排卵誘発剤をあまり使わずに低刺激採卵を行なう場合もあります。排卵では静脈麻酔を使いますが、低刺激採卵の場合は痛み止めの座薬で対応可能です。
    無精子症や受精障害がある場合は、顕微授精が行われます。無精子症は、精巣内精子回収を行なって精子を集めます。パートナーが無精子症でも妊娠できるのが特徴です。
    費用の内訳で必ずかかる金額は、排卵誘発で約10万円前後(誘発の方法や量により変化)、採卵は約14万円となります。顕微授精を行なう場合は、約6万~10万円前後かかります。採卵や移植時の入院でベッド使用量も加算されるので、横浜市立大学付属市民総合医療センターでの治療費は約35万円程度と考えて良いでしょう。
    その他、受精や妊娠確率を上げるさまざまな治療方法があります。受精卵が着床しやすいようにする「アシステッド・ハッチング」や肺移植時に、培養期間の異なる受精卵を分けて移植する「二段階移植」など細かな対応を行なってくれるのが魅力です。

横浜市立大学附属市民総合医療センターについて

  • 診療科目:生殖医療センターにおいて不妊治療を行う
  • キッズルーム:記載なし
  • 子どもの同伴:記載なし※ただし、総合病院なので産婦人科や小児科はあり
  • 診療時間:9:00~16:00
  • 休診日:土・日・祝日・年末年始
  • 提携病院:生殖医療センターにおいての提携病院に関する記載なし
  • カード払い:可※クレジットカード・デビットカードでの支払い可能
  • 所在地:神奈川県横浜市南区浦舟町4-57
  • アクセス:京浜急行「黄金町」駅下車 徒歩10分、市営地下鉄「阪東橋」駅下車 徒歩5分

横浜市立大学附属市民総合医療センターのアクセス情報

横浜市立大学附属市民総合医療センターの詳細なアクセス情報は下の地図をチェックしてください。

体外受精の実績で選ぶ!横浜のおすすめクリニック3選はこちら