みなとみらい夢クリニック 田園都市レディースクリニック 神奈川レディースクリニック
体外受精妊娠件数751名 体外受精妊娠件数828名 体外受精妊娠件数510名

公式HPへ

電話問合せ

公式HPへ

電話問合せ

公式HPへ

電話問合せ

横浜市内の体外受精が受けられるクリニックを紹介しています

横浜HARTクリニック

横浜HARTクリニックについて、詳細を紹介しています。

横浜HARTクリニック口コミ

「感染症の血液検査の結果、体外受精を勧められました。体外受精については院長先生に『自著を読んでください』と言われ、説明は一切なし。もう少し説明してほしかったのに残念です。二回話をする機会がありましたが、基本的に説明をする気はないようです。」

「高刺激系のクリニックのようです。また、予約時に『保険適用になる場合でも自費扱いなので費用が高いです』と念を押されました。問診票を見ながらじっくり向き合ってくれ、提案すれば一緒に考えてくれます。漢方薬も出してくれます。」

院長先生はじっくり話を聞いてくれて、検査結果と希望をよく聞いてくれます。不安がなくなり、ストレスが減ったからなのか、あるいは治療法が合っていたのか、質の良い卵がたくさんとれました。移植が楽しみです。」

「横浜HARTクリニックの院長先生は、東京にある不妊治療専門の医療機関に12年勤務し、3千組以上もの不妊カップルの治療に取り組んできた、凄腕のベテランだと伺いました。そして、その実績をひっさげて横浜で開業。実際、診察を受けてみると、信頼できる人柄だと思い、名実共に名医だと思いました。」

「以前に通っていた不妊専門クリニックで、うちでは無理だとさじを投げられてから、ようやく見つけられたのが横浜HARTクリニック。通院可能圏内としてはぎりぎりで、これで対応が悪ければと不安感もありましたが、実際に診察を受けてみるととても優しくて、親身になってくれ、ここなら頑張れます。」

「きっかけは、ネット上で見つけた院長先生のインタビュー記事でした。実は他のクリニックで非常に嫌な経験をしていて、不信感の塊でしたが、記事の内容と先生の言葉に共感する部分があって来院。結論的には、医師の鏡ともいえる素晴らしい先生だと思いました。」

※上記の口コミはあくまでも個人の見解であり、体外受精による妊娠の成功を示すものではありません

※また体外受精には使用する薬による副作用や、出血などのリスクを伴うこともあります

横浜HARTクリニックの特徴

主力治療は体外受精

横浜HARTクリニックの体外受精基本方針は、原則刺激周期。採卵数が多い方が妊娠率が高いことと、そもそも妊娠が難しい人は、自然に発育する質の良い卵子が採取できない場合が多いことが理由です。
開院から3年半が経過し、クリニックは定期的に実績をアップデートし掲示しています。2017年末までの患者さんあたりの体外受精成績はおよそ50パーセント。そのうち90パーセントは3回目までの採卵で妊娠しています

安定した妊娠率

体外受精の成績が安定して向上しつつあるのは、クリニック側が「患者さん一人ひとりから学ばせていただく」という姿勢をもってしっかり治療をしているから。院長自身は、患者さんを自分の身内だと思い、全員を大切に、一組でも多くの夫婦が幸せになってほしいと願いながら診察しています。
また、技術的な面では、培養部の顔がしっかり見えるのも特徴。培養室には窓が取り付けられており、興味がある人は培養室内を見ることもできます。受精卵の安全な取り扱いをするため、培養士は常に二人体制、全ての作業の手順書遵守、機器や培養液の品質管理を行っています。

横浜HARTクリニックの医師について

院長 後藤哲也医師

東京大学医学部を卒業後、3年間産婦人科専門医として国内で研さんを積みました。アメリカ、イギリス、オーストラリアと留学し、生殖医療を学びながら、多くの研究論文を執筆している医師です。2002年に不妊治療を専門に横浜HARTクリニックを開業。「子どもが欲しいと願う夫婦を同志として。出産というゴールまで並走するランナーでありたい」という気持ちから、多くの治療の提供を行っているそうです。治療の種類は人工授精、体外受精、顕微授精、凍結胚移植と幅広く診療をしているのだそうです。多くの夫婦と真剣に向き合い、カップルに合わせた治療を提供しているそうです。

後藤哲也医師情報

  • 日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医
  • 日本生殖医学会認定生殖医療専門医

患者さんに「寄り添う」診療の提供のために

体外受精や顕微授精を数多く行っている横浜HARTクリニック。ベストな治療を行うため、365日培養士が在籍し、いつでも採卵できる運営体制を整えています。よりよい卵子の採取ができ、結果につながると考えているそうです。また、院長は不妊治療でナーバスになりがちな気持ちを支えるため、スタッフのホスピタリティやマナー面を重視。負担なくクリニックに通ってもらえるような環境を整えています。そのために、院内にご意見箱を設置、スタッフ間で意見交換を行っているそうです。

横浜HARTクリニックについて

  • 診療科目:不妊治療(人工授精・体外受精・顕微授精)、カウンセリング
  • キッズルーム:なし
  • 子どもの同伴:控えてもらうよう記載
  • 診療時間:月曜、火曜、木曜、金曜、土曜 9:00~11:30 月曜、火曜、木曜、金曜 15:00~17:30※初診の電話受付時間 月・火・木・金・土の11:00から。月、火、木、金の15:30と16:30の受付、水曜、土曜の初診はありません
  • 休診日:水曜・土曜午後・日曜・祝日※水曜、祝日は体外受精あり
  • 提携病院:東京HARTクリニック、広島HARTクリニック、神奈川ARTクリニック、帝京大学医学部附属溝口病院
  • カード払い:記載なし
  • 所在地:神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-32-13 第2安田ビル7F
  • アクセス:JR「横浜」駅西口ダイヤモンド地下街 「南12番出口」からすぐ、「横浜」駅から徒歩8分

横浜HARTクリニックのアクセス情報

横浜HARTクリニックの詳細なアクセス情報は下の地図をチェックしてください。

体外受精の実績で選ぶ!横浜のおすすめクリニック3選はこちら