みなとみらい夢クリニック 田園都市レディースクリニック 神奈川レディースクリニック
体外受精妊娠件数751名 体外受精妊娠件数828名 体外受精妊娠件数510名

公式HPへ

電話問合せ

公式HPへ

電話問合せ

公式HPへ

電話問合せ

横浜市内の体外受精が受けられるクリニックを紹介しています

CMポートクリニック

CMポートクリニックについて、詳細を紹介しています。

CMポートクリニック口コミ

「スタッフの方全員がとても親切でよかったです。先生は一人ですが、ほとんど休みなく対応してくれます。体外受精も、やり方を変えたり、その都度の体調を考慮して、色々とプランを考えてくれます。」

「先生は優しく話をしてくれます。人工授精や体外受精などのカウンセリングは、専門の看護師さんがゆっくりと時間をとって話をしてくれるので、不安やわからないことを聞くことができます。」

「先生は冷静に、ハッキリと物を言います。覚悟をもって一緒に歩もうという誠意が感じられるので、本気で妊娠したいという方のための病院だと思います。人気のある病院なので、初回でも1時間以上は待ちました。外出可能なので、院内で待たずに済むのは助かりますね。」

「クリニックのお休みは夏と冬の1週間ずつで、毎日診察しているので、周期に合わせて不妊治療にのぞめます。また、先生やスタッフの皆さんはこちらの質問や疑問にきちんと丁寧な答えをくれて安心できます。通い始めて1年目で1人目、2人目は半年で妊娠。私にとってCMポートクリニックは相性抜群でした。」

「患者それぞれの体調に合わせた治療だけをしてくれるので、余分な検査をせずに済み、信頼できます。私が不安がらないように、不必要なことは話さず、それでいて聞きたいことにはちゃんと答えてくれる。年齢を気にする私に大丈夫と優しく言って下さって、妊活を頑張っていこうと思えます。」

「とにかくスタッフの皆さんが親切です。先生も滅多に休まず患者のために頑張っていて、予約制だからこちらが長く待つこともありません。体外受精も処置の度にやり方を工夫したり、こちらの体調を考慮してくれたりして、色々な方法を提案してもらえ、本当におすすめです。」

※上記の口コミはあくまでも個人の見解であり、体外受精による妊娠の成功を示すものではありません

※また体外受精には使用する薬による副作用や、出血などのリスクを伴うこともあります

CMポートクリニックの特徴

基本は「フレンドリーART」であること

2006年に開院したクリニック。当初から、体と心に経済的な負担をかけないような治療を実施しています。院長が治療上で最も大切にしていることは、「自分の目の行き届く治療」をすること。だからこそ、不妊治療は院長が全て責任をもって担当します。経済的に負担がかからないうえで結果を出すようにしていく方針なので、無駄な検査や治療はせず、できるだけ工夫をして進めます
もちろん、患者さんの状況に合ったオーダーメイド治療を行うため、悩みや訴えがあればしっかりと聞いたうえで、適切な治療をプランニング。どのステップから始めるか、またどの程度を試すのかは、患者さん夫婦の希望を受け入れて進めてくれます。

まずは気軽に、話だけでも

CMポートクリニックは、不妊カウンセラーのナースによる外来を設けていることからわかるように、患者自身が、不妊症という疾患や、妊娠しにくい体の正体を知り、自分の状況をしっかり把握することを重要視しています。不妊治療は、早ければ早いほど成功率が上がるもの。だからこそ、治療をすることよりも、まずは知ってもらうことが最優先。わからないまま放置されている状態を改善してもらいたいと願っています。

CMポートクリニックの治療法・費用について

  • 一般不妊治療・・・4,340円
  • タイミング法
    排卵のタイミングと性交のタイミングを合わせて、妊娠させる基本的な治療方法です。排卵日など妊娠しやすい日がいつかを正確に知り、妊娠しやすい日に性交をするのがポイントになります。
  • HMG-HCG療法(排卵誘発法)
    排卵の状況が良くない場合に、HMG製剤(ゴナドトロピン)を投与して卵巣を刺激します。排卵期にHMG製剤を投与して、排卵を促す治療方法がHMG-HCG療法です。遺伝子組み換え型のFSH(卵胞刺激ホルモン)がHMGの代わりに投与されることもあります。
  • 人工授精・・・17,260円
    不妊治療を目的に、精液を子宮に注入して妊娠を目指す治療方法です。
  • 体外受精・・・148,000円
    卵子を卵巣から取り出し、体外で受精させたあとに分裂した胚を子宮内に移植する治療方法です。一般的な手順としては、卵子を採取しやすくする「卵巣刺激」、卵子を取り出す「採卵」、精液を取り出す「採精」、卵子と精子を結びつける「受精」という流れで行われます。受精は、精子の力に任せた形で行われるのが特徴です。受精したら、子宮内に移す為の準備「胚培養」、子宮内に移す「胚移植」という手順が行われます。
  • 顕微授精・・・198,000円
    体外受精の一種で体外受精と同じ手順を行ないますが、受精させる方法が「ガラス管を使い、精子を直接卵子に注入」と体外受精とは異なる治療方法です。受精を精子任せにしないため、確実に受精させられる点が特徴。卵細胞質内精子注入法(ICSI)ともよばれます。

CMポートクリニックの医師について

院長 安部裕司医師

CMポートクリニックの院長を務める安部裕司医師。東邦大学医学部を卒業後、産婦人科医としての経験を積み、1989年に医学博士を取得。これまでに多くの研さんを積んできました。安部医師が発表した研究論文は、日本不妊学会学術奨励賞、林賞を受賞するなどの実績も残しています。日本産科婦人科学会専門医、日本生殖医学会生殖医療指導医でもあり、他の医師の指導に当たることができるほどの実力者です。お産に関わる深い知識を持っていますが、現在は、得意としている不妊治療の分野に力を入れており、一般不妊治療から高度生殖医療まで、一貫して診察にあたっています。

安部裕司医師情報

  • 日本産科婦人科学会専門医
  • 日本生殖医学会生殖医療指導医

一般不妊治療から高度生殖医療までクリニック全体でサポート

クリニックの治療方針は、経済的な負担をかけないよう、できるだけ早く結果を出すこと。診察から治療まで院長が一貫して行っています。クリニックには高い技術を持つ女性の胚培養士が常時在籍しており、体外受精の成功をサポートしてくれます。一人ひとりの希望や身体の状態にあわせたステップアップ治療が基本。タイミング療法から、人工授精、体外受精までを提供しています。また、クリニックでは外来が終わった後に、不妊治療に関する疑問点や悩みについて相談できる不妊カウンセラー(ナース)外来を設置し、心のケアにも力を入れています。

CMポートクリニックについて

  • 診療科目:不妊治療
  • キッズルーム:記載なし
  • 子どもの同伴:記載なし
  • 診療時間:月曜、水曜、土曜 10:00~12:00、15:00~18:00、18:00~19:30 火曜、日曜、祝日は特殊不妊外来日 10:00~13:00 木曜、金曜 10:00~12:00、15:00~18:00※水曜19:30~木曜、金曜18:00からはカウンセリングのみ
  • 休診日:記載なし
  • 提携病院:キネマアートクリニック、臼井医院不妊センター、杉ウイメンズクリニック、小島レディースクリニック、元町宮地クリニック、おとめクリニック
  • カード払い:可※VISA、MASTER、デビッドカードなどが利用可※保険診療に関しては、現金でのお支払いが原則
  • 所在地:横浜市都筑区茅ヶ崎中央50-17 CM-PORTビル B1F
  • アクセス:横浜市営地下鉄ブルーライン「センター南駅」から徒歩1分、横浜市営地下鉄グリーンライン「センター南駅」から徒歩1分

CMポートクリニックのアクセス情報

CMポートクリニックの詳細なアクセス情報は下の地図をチェックしてください。

体外受精の実績で選ぶ!横浜のおすすめクリニック3選はこちら